建築士とつくる自然派デザイン住宅

渋沢

建築士とつくる自然派デザイン住宅
  • しのん
  • 夜
  • 外観2
  • 扉
  • 漆喰
  • 和室
  • 吹き抜け
  • リビング
  • 天井
  • ベランダ
  • キッチン
  • 2階
  • 2階ベランダ
  • 2階風景
  • 洗面台

建築士とつくる自然派デザイン住宅

渋沢

しっくいと無垢材 天然素材でつくる和モダンの家

街並みに調和し、植栽や街の緑に溶け込む自然派デザイン住宅。シンプルに深くかかる2枚の屋根は、流行りとは無縁などこか懐かしい日本家屋を。 中庭にあるシンボルツリーは、四季の移ろいを室内に導きます。決して目立つ家ではないが、何故か佇まいが美しい。そんなデザインを表現しています。 また1 つの部屋が、暮らし方によって変化する空間にしています。家族とつながりながらも、プライベートも確保する。家族や暮らしが固定化しない、 緩やかにつながる空間に、個人の心地よい居場所をちりばめるようなお家です。

建物情報

工法・構造 木造軸組工法
タイプ 単世帯
階数 1階建て
延床面積 66,66㎡
費用(坪単価) 70万~95万
建築可能エリア 埼玉県

3つの設計コンセプト

  • 箱庭

    箱庭を楽しむ家

    一番の特徴は、リビング、ダイニングで中庭をL型に囲み、 そこを「箱庭」と呼んでいます。 外にいながら室内を感じられるよう、大開口サッシと格子状の目隠し壁を配しました。 こうする事でリビングと箱庭、ダイニングと箱庭の境界が曖昧になり、とても広がりがある空間に感じる事が出来ます。

  • 回遊

    ストレスフリーな回遊同線

    回遊動線とは、「行き止まりのない回れる動線」のことをいいます。回遊動線のメリットは、行き止まりがないので住まいを広く感じることができること。 2方向にいける動線が常にあるので、邪魔になることもありません。回遊の「遊」の漢字のように、子供たちにとっては、走りまわることができる良い動線になります。

  • パッシブデザインハウス

    自然の力

    パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、太陽の光、熱、そして風といった「自然の力」をそのまま利用して、快適な住まいづくりをしようとする設計思想のことを言います。 自然の光や風を上手に活用して、室内を冬は暖かく、夏は涼しくするため、省エネでありながら、快適で健康的な暮らしを実現することができます。

渋沢

本物の天然素材と確かな構造で「人にやさしい家づくり」

住宅メーカー詳細はこちら
東証グロース上場

リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場 証券コード:4445)が運営するサービスです

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.

page
top